クレジットカードでお金を使うことに抵抗が無くなりました

私がクレジットカードを持つようになったのは、つい数年前の話です。それまでは現金での支払いをしていたこともあり、あまりクレジットカードに対して関心はありませんでした。ところが、近年のインターネットからの通信販売の普及により、クレジットカードが無いことに対する不便さが表層化。代引き手数料や振込手数料を考えれば、またそのための手間を考えればクレジットカードにより瞬時の支払いの方が良いだろうと考えたのです。こうしてクレジットカードを取得した私ですが、今ではすっかりヘビーユーザーになってしまいましたよ。あんなに便利で手軽なものってありませんからね。しかし一方で、お金を使うことに対する抵抗感は無くなってしまいましたので、その点にだけは気を付けなければなと思います。自制心の無い人だと、あっと言う間にお金を使ってしまうでしょうからね。でも、そういったことを差し引いても、クレジットカードは便利なので手放せませんね。

クレジットカードは学生時代に

クレジットカードがあると、買い物をするときの小銭を使わずにすんだり、財布がかさばらなかったり、というメリットがあります。ただ気をつけたいのは、カードを作るタイミングです。大学生だと作りやすいのに、無職や自営業になってしまうと、とたんに作りにくくなるという事情があります。大学生というのは、クレジットカード会社から信頼されやすく、クレジットカードを作りやすいです。クレジットカード会社は早めに入会してもらって囲い込みたい、という意識があるので、たとえばすでにクレジットカードを作っていて支払いを滞納しているとか、両親に借金があるとか、そういうことでなければ審査を通るでしょう。プラス要素は必要なく、マイナス要素をなくすことだけ考えればいい時代です。

イオンカードについて

今やクレジットカードの入会金・年会費無料はどこの会社を選んでも当たり前になりました。では同じようなクレジット会社が多い中、どこがお得に使えるかということになります。そこで私がおすすめするのがイオンカードです。やはりイオングループは全国に多数存在するだけに、どこに旅行に行ってもお得に使うことができるので大変重宝します。何と言っても楽なのは、イオングループにさえ行けば何でも揃っているし、どれを買ってもいちいちカードを探す必要がない所です。私は今までにそのお店で使えるカードを仕舞った場所を忘れて、そのお店に行く度にいちいち探してしまっていました。これがなんとかなればという思いでイオンカードを作りましたが、考えることが減ってとても楽に買い物ができます。

クレジットカードを持って

クレジットカードも持つ前からしていたのですが、特にクレジットカードを持つようになってから、パソコンで帳簿をつけ、収支表を作っていくら借金があるのかを徹底するようになりました。「若いのに帳簿をつけてお金の動きを把握しているなんてしっかりしてるよ。君」なんて言われますが、僕にしてみれば当たり前の話なんです。自分の現金でさえちゃんと把握していなければだめだと思うのに、ましてクレジットカードを使うのです。気楽な気持ちで買い物をしまくっていたらそのうち生活は破たんすることなど、だれでも簡単に理解できる問題です。皆さんに伝えたいのは「クレジットカードでの買い物は借金と同等」と言う事です。借金は返済することが必須です。お金の現物が動いていないだけの信用取引なんです。そこを気を付けてください。

クレジットカードの最上級 ブラックカードとは

ブラックカードは何なのか、私は少し調べてみました。ブラックカードとはクレジットカードの一種で価値はプラチナカードより上です。しかも、だれでも持てるわけではありません。調べたところ、年収が2000万以上でかつある程度のクレジットカード保有期間(定期的なクレジットカードでの買い物含めて)が必要で、さらには申し込んだクレジットカード会社の招待がなければ取得できないこととなっています。大変取得条件が厳しいのです。つまり、一定以上のお金があって買い物しつつ、信用が絶大でなければならないという取得確率は宝くじで大当たりするぐらい難しいのです。世界的には多くの著名なスターが持っていますが、現在の日本でそれを持っている人は約5000人ほどであるとされています。ブラックカードとはそれだけで金持ちのステータスポイントにもなりえるのです。

ポイントで旅行を楽しんでいます

うちがメインで使っているカードは年会費が2000円かかりますが2%のポイントがつきます。それで家賃から電気、ガス、水道などの公共料金、生活費など、カードで払えるものはすべてカード払いにすると年間で200万円以上カードで支払っていることになります。200万円だとポイントは4万円分。それで年1の家族旅行に行くのが我が家の楽しみです。4人家族なので2.3万は手出しをしていますが、それでもポイントのおかげで格安で旅行ができるのでとてもお気に入りのポイント活用法です。たまに家電が壊れたりして大きな買い物のあったときは家計は苦しくなりますが、クレジットカードで支払い「またポイントがたまる~」と良い方に考えています。

まずはクレジットカードを利用する目的をはっきりさせておく

現在、多くの会社がクレジットカードを発行しています。そして、中には年会費が無料で簡単に作ることができるクレジットカードも多数あるため、実際にどこの会社のカードを作れば得するのか良くわからないという悩みを抱えている人がいます。では、実際にクレジットカードを選ぶ上で、どんなポイントに注目すると良いのでしょうか。今日は、判断する上で役立つ情報を記したいと思います。
まず、クレジットカードを選ぶ上で考えるべき要素はどんな目的でクレジットカードを利用したいかということです。つまり、具体的にどんなお店でカードを使いたいのかということをはっきりしておくと選びやすくなります。
例えば、家電量販店で常に買い物をしている、カードを利用する機会が多いのであれば、そこの家電量販店で出しているクレジットカードを利用するならば、ポイントがつくだけでなく、より多くの特典を期待することができます。
しかし、何か特定のお店で利用するといった目的がないのであれば、クレジットカードのポイントを利用できる提携先が多いカードを選ぶなら、広い範囲、いろんな場面でカードを利用し、ポイントを貯めることができます。
このように、まずは自分がどんな目的でクレジットカードを利用したいのかをはっきりさせておくことは非常に大切です。

クレジットカードが更新されないケースとは?

クレジットカードは基本的に自動更新されるようになっていて、有効期限が切れる約1ヶ月前くらいに新しいカードが送られてきます。ところが場合によってはカード会社から更新を拒否されることもあります。例えばカードをほとんど利用していないケースなどがこれにあたります。カード会社は会員がカードを利用することによって、初めて手数料収入を得ることができます。したがってカードを全く使わない会員からは、一切収入を得ることができないのです。ですからそんなカードを使ってくれない会員のために、わざわざ経費をかけてまでカードを再発行しない、つまりは更新を拒否するという判断を下す場合もあり得るのです。ただし実際には、たとえ年に数回程度でもカードを使っていれば、更新を拒否されることはまずありませんが、場合によっては更新されないケースもあるということは知っておいた方が良いでしょう。

クレジットカードは現在ある貯金では購入することができないようなものでも買うことができる

クレジットカードのメリットは、現在ある貯金では購入することができないようなものでも買うことができることです。例えば、貯金が現在は不足しているが、給料が来月入ると買うことができるのにというようなことで買うのを止めたこともあるでしょう。しかしながら、現在の貯金では購入することができないものでも、クレジットカードがあるとすぐに購入することができます。例えば、パソコンが古いので仕事の効率が良くないが、買い換えがすぐにできないというような場合があるでしょう。しかしながら、クレジットカードを利用すると、パソコンが早く入手でき、効率がすぐに良くなるというメリットを受けることができます。クレジットカードを利用する場合には、返済についても十分に考えておきましょう。